カホンの製作

こんにちは。

今回はカホンについてです。

カホンは、今とても人気があるパーカッションのひとつです。
割と手軽な大きさと適度な音量、そしてドラムと似ている音色等、人気の要素がたくさんあります。
そのため、数多くの種類やサイズのカホンが発売されています。
また、日曜大工的な感じで自作される方も結構いらっしゃるようです。

そんなカホン。
最近製作しましたモデルについて説明してみようと思います。


◎ DC102-ZB(2面カホン:ゼブラ&ブビンガ)

DC102は、2つの打面を持つカホンです。
2つあるのは、響き線の有無と音そのものの違いを出しているからです。

このカホンのコンセプトは、ドラマーもパーカッショニストも楽しめるようなカホンです。
響き線の付いた面は、柔らかく太い音。ローピッチ。
ドラムの音をイメージしてチューンしています。
そして、少々柔らかい材を使っていますので、多少ですが手が痛くなり難いのでドラマーにも向いているのかなと思います。

板材には、写真のゼブラの他に、ウォルナット、そしてシナ材を用意しています。

DC102-ZB1

響き線の無い面は、少し厚めのブビンガ材を使用しています。
こちらは、ややハイピッチでパーカッシブな音色。
コンガが叩ける方は、叩き方で様々なニュアンスが出せると思います。
個人的にも、コンガの音をイメージしてチューンしています。
そして、自分自身も好きな音です。

DC102-ZB2

実は、このモデルは結構長く作っていますが、細かな部分で微妙にマイナーチェンジを繰り返しています。
それは、基本的な部分は変えず、より楽器を進化させようと考えているからです。
今回から、打面を止めているネジを変えました。
他にも、微妙に変わっている部分があります。

DC102-ZB3

実は、このDC102は、隠れたヒット商品でもあります。
ですので、長く皆様に愛される楽器としてこれからも作っていきたいと思います。


◎ SC201B(バーチ)

こちらは、シンプルな1打面のカホンです。
打面材には、バーチ積層合板を使用し、固くタイトでパワフルな音色です。
通常、打面はナチュラルな木地の色なのですが、今回はブルーに塗装しています。
パーカの商品は、このようにお客様からのご希望で、オーダーメイドを受け付けています。

SC201B-BL1

背面は、シンプルにサウンドホールが開いています。
実は、穴の内側にちょっと仕掛けが付いていたりします…

SC201B-BL2

少々イレギュラーですが、この穴の空いた面を叩いても良い音がします。
柔らかな素朴な木の音。
個人的に好きな音です。

この2台。
箱部分は共通ですが、打面やちょっとした部分の違いで、全然音のキャラが変わります。
皮ではなく木を(基本的には)手で叩くパーカッション。
面白いです。

是非一家に一台(と言わず数台)いかがでしょうか?

DC102-ZB & SC201B


----------


それから、楽器店とのコラボ商品としてカホンも製作しています。

LTC-22-1

LTC-22-2

愛知県豊橋市の総合楽器店「シライミュージック」さまからご購入頂けます。
詳しくはこちらから。

Shirai Cajon(シライ カホン)LTC-22

手軽なサイズのカホンです。
そして、アイディアで色々楽しめると思います。
カホン奏者やドラマー、パーカッショニストは勿論、お子様やこれからカホンを始めてみたい方等々、色々な方々にオススメです。
こちらも是非!


=============== 8< --------------------


本日のフック。

フック

----------


 

パンデイロの製作(PDGS10"、ダークパープル)

こんにちは。

先日製作しましたパンデイロ。
パンデイロの連投です。

◎ PDGS10"(カスタムパンデイロ、ダークパープル)

PDGS10 DP1

ダークパープルの奇麗なフレームです。
そして、味のある山羊皮。

PDGS10 DP2

フレームは10"、高さは43mm。
ジングルは軟らかめな音をご希望でした。

PDGS10 DP4

今回もスペーサーを用意しました。
搭載したジングルの音色を考えて、2種類(薄めと厚め)用意しました。
1枚使いでも、例えば上下使いで2枚でも。

PDGS10 DP3

写真では、上下にスペーサー(ジングル上側に黒、下側に透明)を挟んでいます。

そして、フレーム色。
ダークな色は、暗がりでは黒っぽく見えてしまいます。
ですので、あまりダークにならないように、今回は若干赤みを加えて(ワインレッドに近い)明るくしています。
実際は、ダークパープルの上に赤を塗り重ねて3次元的な塗装にしています。
そのせいか、光の加減や見る角度で「微妙に」見え方が変わります。
面白いです。

PDGS10 DP6

叩いてみました。

ちょっと変わった模様の山羊皮。
通常この手の皮は、特に日本の方は見た目を気にする方が多いので極力使わないようにしています。
ですが、今回は完全に音優先なのでこれで行きました。
実は、お客様はブラジルの方。それもあって、この皮をチョイス。勿論、お客様からOKをもらっています。

ファットで太く柔らかな音色。
ジングル音も柔らかく、心地良いバランスになったと思います。

茨城のド田舎からブラジルまでの途方も無い旅を経験したこのパンデイロ。
先日、お客様からメッセージが届きました。

" I am really in loved with it! Thank you very much for the wonderfull job!! "

とても嬉しいメッセージありがとうございます!
これからも、楽器製作がんばっていきます。



=============== 8< --------------------


本日のフック。

フック


----------



 

パンデイロの製作(PDSD カスタムパンデイロ)

こんにちは。

今回もパンデイロの製作についてです。

◎ PDSD(カスタムパンデイロ:ナチュラル色)

PDSD1

REMOスキンディープヘッドのパンデイロ。

PDSD2

フレーム高さ40mm。
軽さ重視。
ちなみにフレームの無地(ナチュラル塗装)は、色付きよりも数gですが軽くなりますw
そして、ジングルは切れ良くタイトな音をご希望でした。

PDSD3

お客様は手が小さいとの事で、グリップ部分だけ3mm削っています。

PDSD4

透明のスペーサー以外に、黒のスペーサーも用意しました。
通常は透明の物で良いと思います。
黒いスペーサーでは、より切れの良い音になります。

PDSD5

握った感じ、これなら手が小さな方でも使い易いパンデイロになったと思います。
そして、今回もスペーサーが良い仕事をしています。
ジングル音もカチッと切れ良くタイトな鳴りです。
スキンディープとの相性も良いと思います。

気に入っていただけると嬉しいです。

=============== 8< --------------------

本日のフック。

フック


----------

 

パンデイロの製作(ワインレッド、ヘッド&フープ無し)

こんにちは。
今日は花粉の影響でかなりシンドイです。

先日製作しましたパンデイロについてです。

◎ カスタムメイドパンデイロ(ワインレッド、ヘッド&フープ無し)

カスタムパンデイロ1

ワインレッドの奇麗なパンデイロです。
そしてヘッド無し。

カスタムパンデイロ2

お客様からのご希望で、お手持ちのヘッドとフープを使いたいとの事。
それ以外を製作しました。

フレームサイズ:10"、高さ40mm
軽量にしたいとの事で、ジングルも穴空き希望でした。

眼を引くのが、その穴空きのジングル。しかも場所によって素材が違います!

「真鍮ーチタンー洋白ーチタンー真鍮」

これはお客様からのオーダーです。
音を考えて異なるサイズの穴を4カ所にそれぞれ開けてあります。

カスタムパンデイロ3

今回もスペーサーを搭載です。
このスペーサーですが、通常の音調整以外に、穴からの音抜けも考慮しています。
穴を塞ぎますので、抜け過ぎを調整出来ます。
こういう部分でも、スペーサーってとても便利なんです。

お好みでご使用頂ければと思います。

カスタムパンデイロ4

叩いてみました。
穴空きジングル特有のハイ気味で抜けの良い音です。
素材の違いとそれぞれのチューンの違いで、独特なジングルのミックス具合になっています。
でも、それ程奇抜な音でも無く、意外とまとまり良く仕上がっていると思います。
手持ちのヘッドを張って、こちら的にパンデイロとしての音のバランスを確認した後にお送りしました。

気に入っていただけると嬉しいです。


=============== 8< --------------------


本日のフック。

フック


----------


 

パンデイロの製作(カスタムメイド5台:グリーン、イエロー、ホワイト、レッド、ウォームグレー)

こんにちは。

最近はパンデイロを良く製作しています。
と言う事で、先日製作しましたパンデイロについてです。

◎ カスタムメイドパンデイロ(グリーン、イエロー、ホワイト、レッド、ウォームグレー)

カスタムパンデイロ5台

今回は、とてもカラフルなパンデイロが5台です!

基本はPD101
通常付いています厚めのスペーサーは無し。
取り外し可能な薄めのスペーサーを別途用意しました。
そして、微妙に仕様が違うジングルを装着しています(3種類)。

では、一台ずつ。


◎ グリーン

カスタムパンデイロ:グリーン

ヘッド;山羊皮
ジングル;真鍮&洋白(固めでシャープな音色)
フープ:PLH-B

◎ イエロー

カスタムパンデイロ:イエロー

ヘッド;山羊皮
ジングル;真鍮&洋白(固めでシャープな音色)
フープ:PLH-B

◎ ホワイト

カスタムパンデイロ:ホワイト

ヘッド;山羊皮
ジングル;上下真鍮(固めで温かな音色)
フープ:PLH-B

◎ レッド

カスタムパンデイロ:レッド

ヘッド;山羊皮
ジングル;上下真鍮(固めで温かな音色)
フープ:PLH-B

◎ ウォームグレー

カスタムパンデイロ:ウォームグレー

ヘッド;山羊皮
ジングル;上下真鍮(柔らかく繊細な音色)
フープ:PLH-B

そして、スペーサーを付けた状態。

カスタムパンデイロ:5台

グレーの物だけ、ちょっと厚さが違います。
他のものと間違わないように目印のシールが張ってあります(ここをつまんで引っ張ると外せます)。

これらのパンデイロは、東京で GERAÇÃO GINGA というカポエイラのチームを主催されている清水さんからのご注文です。
実は、以前にご自身のパンデイロもオーダーくださっています。
今回は、とてもたくさんのパンデイロをご注文頂きました。ありがとうございます!

ご注文の際のご希望として、キッズクラスの小学生でも叩けるようなものが欲しいとの事でした。
問題は2点。重さと握りのサイズ。
要は、軽量でお子さんでも握れるぐらいのフレームの高さ。
メールでやりとりする中で、大体の重さとフレームのサイズを確認し、超軽量のPD101をベースに作る事になりました。
でも、軽いだけでなく音がしっかりした物が欲しいとの事、皮を厳選し、フープも超軽量のPLH-Aではなくあえて音重視のPLH-Bに変更。
また、カポエイラ以外にも普通に音楽の演奏にも使いたいとのご希望で、薄めのスペーサーを用意し、装着した状態でバランスが取れるように調整してあります。

カスタムパンデイロ:5台

動画も撮ってみました。



「子供達にきちんとした楽器で演奏させてあげたい。」
そういう想いから今回のパンデイロをご注文されたようです。
子供は正直です。ですから、自分も気を引き締めつつ、いろいろ考えながらの製作でした。

既に 清水さんのblog に、今回のパンデイロをご紹介頂きました。
こちらも是非ご覧ください!

清水さんは、カポエイラのキッズクラス以外にも通常の大人のクラス、更にはヨガも指導されているとの事。
気になる方は、清水さんのofficial site もチェックしてみてください!

と言う事で、今回のパンデイロ、子供達に気に入って貰えると嬉しいです。


=============== 8< --------------------


本日のフック。

フック



----------
 

パンデイロの製作(カスタムメイド:ショーロタイプ)

こんにちは。

blogはかなりご無沙汰してました。
普段は Facebook への投稿が多いので、そちらも是非ご覧ください。

先日製作しましたパンデイロについてです。

◎ カスタムメイドパンデイロ(ショーロタイプ:ダークグリーン)

カスタムパンデイロ:ショーロ(DG)-1

ダークグリーンの落ち着いた色合いがカッコイイです。

カスタムパンデイロ:ショーロ(DG)-2

今回は、お客様からの「こんな感じで」という音源を元に作ってみました。
実際にはその通りにはなかなかならないので(生音ではなく録音されたものなので)。
そのニュアンスを再現する事を目指して作ってみました。

ショーロのパンデイロは、実はとても製作(調整)が難しいのです。
何故なら、演奏する方のこだわりの強い場合が結構あるからです。
具体的には、ジングルの調整がとても難しいです。
ですから、それを補うためにスペーサーが必須です。
基本はこちらで作って、あとの微調整はお客様にやってもらうのが良いのかなと思っています。

と言う事で、今回は厚さの違う取り外し可能なスペーサーを3種類用意しました。

カスタムパンデイロ:ショーロ(DG)-3

自分が良いと思ったセッティングです。
トップのジングルとフレームの間に差しています。
白のポイントを持って引っ張ると外れます。

カスタムパンデイロ:ショーロ(DG)-4

ボトム側は、こんな感じです。
これは取り外せません。ここで基本の音を作っています。

個人的には、この組み合わせで良い感じの美味しい音が出ました。
勿論、(写真はありませんが)他に用意しましたスペーサーを(単体もしくは組み合わせたり)使われても全く問題ないとは思います(好みの問題です)。

カスタムパンデイロ:ショーロ(DG)-5

今回張った山羊皮は、少し薄めで軟らかめのものです。
皮の質感は、とても良い感じです。ちょっとだけチューンしてあります。

厚めの皮は、一定の音を出すのには向いています。
でも、様々なニュアンスの表現力豊かな音を出すには、少し薄めの方が向いていると思います。

今回はそれを考え、そしてジングルとのバランスも考慮してみました。

実際叩いたのですが、うまく皮のチューニングを行い全体の調整をした場合、とても柔らかく心地良い音色を奏でられました。
調整が若干面倒なので、そう言う意味ではチョイ上級者向けのパンデイロになったかもしれません。
でも、いじり甲斐があって面白いと思います。

気に入ってもらえると嬉しいです。
そして、是非いろいろ試していただいてご自分の音を作り上げていただければと思います。


=============== 8< --------------------


本日のフック。

フック



-----
 

パンデイロの製作 PDGS 10"(ダークブラウン)

こんにちは。

ちょっとご無沙汰でした。
現在、いろいろな作業を行っています。

今回は、先日製作しましたパンデイロについて書きます。

◎ PDGS 10"(ダークブラウン)

PDGS10 DBR1

カスタムメイドの10"パンデイロです。
ダークブラウンの渋めのフレームに使い込んだ山羊皮。
そこにきらりと輝くジングル(プラチネーラ)がアクセントになっています。

PDGS10 DBR2

フレームの高さは40mm。ちょっと浅めです。

ジングルは、今回は洋白を使いました。
カチッとした中にシャキも入った、明るく通る音色です。
ボトムだけに2カ所穴が空いています。

それから、皮の真ん中にちょっとだけミュートしてます。
ちょい低音上げです。

今回は、いろいろな事をやっています。
まずは山羊皮。
これ、実は自分が使っていた皮ですw
お客様のご希望の音を考えた結果、少し使い込んだ感じのモノが良いのかな?と言う事です。
勿論、お客様からのOKは頂きました。
実はかなり手を入れてある皮で、見た目は悪いですが使い込むと良い感じになっていくと思います。

次に、ジングル部分。

PDGS10 DBR3

お客様のご希望を考えた時に、色々な場面でジングルの鳴りを変えられた方が良いのかな?
という事で、2種類のスペーサーを作ってみました。

まず、スペーサー無し。

PDGS10 DBR4

これは、かなり暴れた感じの音色になります。
ただ、高速演奏を行うと良い感じにまとまります。
しっかりジングルを鳴らしたい場合に(うまく使うと)良いと思います。

そして、黒いスペーサー。

PDGS10 DBR5

これを挟むと、かなり落ち着いた音色になります。
結構タイトです。
例えば小さな音でジングル音をコントロールしたい場合等は都合が良いと思います。

白いスペーサー。

PDGS10 DBR6

通常は、これが使い易いセッティングだと思います。

一応、この3パターンを考えましたが、スペーサーをどこに差し込むかでも微妙に鳴りが変わります。
黒いスペーサーは、上下を変えても違いますので、相当細かなセッティングが可能だと思います。
勿論、個々のジングルについて違うセッティングも有りです。

ちなみに、動画も撮ってみました。



気に入っていろいろ使ってもらえると嬉しいです。

まだblogに書き切れていない楽器も有りますが、ボチボチ書いていこうと思いますw


=============== 8< --------------------


本日のフック。

フック


----------


 

パンデイロの製作(ハセタクモデル1)

こんにちは。

昨年紹介出来ずにいましたパンデイロについてです。

◎ ハセタクモデル1(ダークグリーン)

ハセタクモデル1ー1

ハセタク君の初期モデルです。
カラーは落ち着いたダークグリーンです。クールでカッコイイです。

ハセタクモデル1ー2

とてもユニークで、いろいろ付いています。

ハセタクモデル1ー3

トップのジングルには、チタンを使っています。
加工が大変で、扱い難い素材です。
でも、チタン独特の個性的な音色は、他の素材では表現出来ないです。
しかも、軽量です。

ハセタクモデル1ー4

ボトムジングルには、穴空き洋白を使用。
抜けが良く、軽快で高域リッチな音色です。

ハセタクモデル1ー6

そして、ハセタクモデルで象徴的なパーツである(木色部分の)シンバルプロテクター。
この部分でシンバルを叩けます。ボディの保護と、アタックのあるシンバル音が奏でられます。

グリップ部分には、滑り止めも付いています。

ハセタクモデル1ー7

叩いてみます。
まず、REMOスキンディープのファットでローピッチの音色が気持ち良いです。
そこに、独特の高域でタイトなジングル音が、引き締まった印象を与えていると思います。

ハセタクモデル1ー5

重さです。
お客様からは、370gぐらいにとのリクエストでした。
ギリギリ納まりました。

ちなみに、このパンデイロのオリジナルの音色を動画でご覧ください。
演奏は、ハセタク君とカホンのChang-wooさんによるユニット「Coggio Nensil」の演奏です。



とても個性的で他には無いパンデイロです。
楽しんで叩いていただければと思います。


=============== 8< --------------------


本日のフック。

フック

----------


 

超軽量パンデイロの製作(重量276.5g !!)

こんにちは。

クリスマスも終わり、今年もあと僅かです。
今年の総括?として、仕事の合間に作っていました。

◎ 超軽量パンデイロ

pandeiro 276.5g -1

ナチュラルカラーのパンデイロです。

pandeiro 276.5g -2

PD101にかなり近い構成ですが、ジングルのボトムを洋白に変えています。
これにより、より繊細で、しかも立った音色なので、存在感もあります。

2015年の最後に、心に残るパンデイロを作ってみようと思い、どれだけ軽いパンデイロを作れるのかチャレンジしてみました。


pandeiro 276.5g -3

とても軽いです。
276.5g

PD101が約300gですから、そこからおおよそ25g程削りました。

無理の無い程度に、音色も考慮しつつ、素材等を吟味して作りました。
勿論、これまで製作したパンデイロの中で一番軽いです。

動画も撮ってみましたので、どんな感じなのかもご覧ください。



山羊皮は少し薄めでナチュラルなトーンです。
ジングルの音色とも合っていると思います。
そして、良く鳴ります。

うまく鳴らすコツは、実は力まない事。
このパンデイロは、リラックスして軽く叩いた方が良く鳴ります。
持つだけでなく、叩くのも楽なんです。

あまりに軽いため、始めちょっと違和感があるかもしれません。
でも、すぐその軽さに慣れます。
そして、軽い方が断然叩き易いと感じると思います。


と言う事で、とても軽いパンデイロが完成しました。
で、これをどうしようかなと考えています。

欲しい方がいればお譲りしても良いかなと思っていますし、備品として持っていても良いかなとも思っています。


早速嫁ぎ先が決まりました。ありがとうございました!

でも、使って頂けた方が楽器としてはハッピーなので、もしご希望の方は以下のメアドまでメールください。
詳細を折り返しメール致します。
ホームページの方には掲載しませんので、このblogのみでの紹介です。

一台限定ですので、はじめにご連絡頂いてそのまま商談成立された方にお譲りします。
金額はまだ決めていませんが、PD101ぐらいを考えています。

parka@mvd.biglobe.ne.jp

と言う事で、ご希望の方はよろしくお願い致します。


ちなみに、今年の作業はまだ続きます…


=============== 8< --------------------


本日のフック。

フック


----------


 

シェイクパッドについて

こんにちは。

今年もあと10日あまりとなりました。
こちらは、最後のスパートをかけている最中です。

今回は、私が考案しましたシェイクパッドという楽器について書いてみようと思います。
昨年発売開始してから大変好評頂いています新たなパーカッションです。


◎ SP101 and SP102
薄型のオリジナルパーカッション。
スクエアタイプ(正方形の打面)で、ほぼカホンの座面ぐらいのサイズです。
振って、叩いて楽しめます。

◎ SP201 and SP202
より携帯性を重視しましたA4サイズです。
カバンに入る手軽さが好評です。

◎ SP301
ラウンドタイプ(丸形)で、新たに「こする」という鳴らし方も出来ます。
ドラム等の上に乗せての演奏も良いです。

◎ SPX001
お客様からのカスタムメイド商品。あなたオリジナルのシェイクパッドを作ります!
とてもコンパクトで、お手軽なパーカッションとして楽しめます。

こんな感じでシリーズ化して来ています。


ちょっと話しが外れますが、自分は小さくてコンパクトにまとまったモノが好きです。

ずっとドラムを叩いて来ましたが、カホンに出会ってコンパクトな楽器に向き始めました(パンデイロも同じく)。
そして、この箱1台でどれ程の表現が出来るかを考えて来ました。
当初は、多打面のカホン(通常のカホン打面に加えて、小型の複数打面を配したり等)を色々考えて作ったりもしました。
しかし、最近はよりシンプルな楽器を考えています。

多打面カホンは、一台にいかにたくさんの音を詰め込むかと言う、いわゆる「足す」方向性の楽器です。
ですが、シェイクパッドは、逆に色々な部分を削り落とした「引く」方向です。

カホンは、あの箱の形状が大事です。空間を作る事で、箱全体で鳴らします。
でも、シェイクパッドは「より薄く簡潔に」を念頭にデザインしています。贅肉を削ぎ落としたフォルムです。
ある程度の使い方は動画等でお伝えしていますが、より多様な使い方はプレーヤーのアイディアや創造性にお任せしようと思っています。

例えば、PARKA商品をお使い頂いています Chang-wooさん によるデモです。




オリジナル楽器ですので、特に「こうやらないといけない」という事はありません。
逆に、プレーヤーのオリジナルな使い方やイマジネーションでお使い頂きたいです。
それが、やがてあなただけのパーカッションになると思います。

色々な楽器を作って来ましたが、シンプルなもの程奥が深いと感じています。

シェイクパッドに関して、どうぞお気軽にお問い合わせください。


parka@mvd.biglobe.ne.jp

PARKAのシェイクパッドが、あなただけの1台になりますように。


=============== 8< --------------------


本日のフック。

フック


----------



 

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
Facebook
PARKA Handmade Percussion

YOUTUBE映像








メディア・取材
●ishikenのparka
にっぽんの匠「ishikenのparka」と題して、パーカッション・マガジンVolume02へ記事が掲載されました

パーカッション・マガジンVolume02

●パンデイロレッスン取材
パンデイロレッスンの取材を受けました。

BONITA message
寄付・支援
NGOアフリカ友の会
PARKA 製品売上げの一部を「NGOアフリカ友の会」へ寄付しています

ハタチ基金
東北大地震で被災した子どもたちへ、個人的に支援をしています
友人リンク
Studio M&M
オーダーで素敵な家具をデザイン・製作するハンドメイド家具屋さん

猫になれば大丈夫
捨て猫兄妹ドラムとリズムが教えてくれること
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM