<< パンデイロの製作(PDGS10"、ダークパープル) | main | カスタムカホンの製作(SC201B-FP) >>

スポンサーサイト

  • 2017.10.15 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


カホンの製作

こんにちは。

今回はカホンについてです。

カホンは、今とても人気があるパーカッションのひとつです。
割と手軽な大きさと適度な音量、そしてドラムと似ている音色等、人気の要素がたくさんあります。
そのため、数多くの種類やサイズのカホンが発売されています。
また、日曜大工的な感じで自作される方も結構いらっしゃるようです。

そんなカホン。
最近製作しましたモデルについて説明してみようと思います。


◎ DC102-ZB(2面カホン:ゼブラ&ブビンガ)

DC102は、2つの打面を持つカホンです。
2つあるのは、響き線の有無と音そのものの違いを出しているからです。

このカホンのコンセプトは、ドラマーもパーカッショニストも楽しめるようなカホンです。
響き線の付いた面は、柔らかく太い音。ローピッチ。
ドラムの音をイメージしてチューンしています。
そして、少々柔らかい材を使っていますので、多少ですが手が痛くなり難いのでドラマーにも向いているのかなと思います。

板材には、写真のゼブラの他に、ウォルナット、そしてシナ材を用意しています。

DC102-ZB1

響き線の無い面は、少し厚めのブビンガ材を使用しています。
こちらは、ややハイピッチでパーカッシブな音色。
コンガが叩ける方は、叩き方で様々なニュアンスが出せると思います。
個人的にも、コンガの音をイメージしてチューンしています。
そして、自分自身も好きな音です。

DC102-ZB2

実は、このモデルは結構長く作っていますが、細かな部分で微妙にマイナーチェンジを繰り返しています。
それは、基本的な部分は変えず、より楽器を進化させようと考えているからです。
今回から、打面を止めているネジを変えました。
他にも、微妙に変わっている部分があります。

DC102-ZB3

実は、このDC102は、隠れたヒット商品でもあります。
ですので、長く皆様に愛される楽器としてこれからも作っていきたいと思います。


◎ SC201B(バーチ)

こちらは、シンプルな1打面のカホンです。
打面材には、バーチ積層合板を使用し、固くタイトでパワフルな音色です。
通常、打面はナチュラルな木地の色なのですが、今回はブルーに塗装しています。
パーカの商品は、このようにお客様からのご希望で、オーダーメイドを受け付けています。

SC201B-BL1

背面は、シンプルにサウンドホールが開いています。
実は、穴の内側にちょっと仕掛けが付いていたりします…

SC201B-BL2

少々イレギュラーですが、この穴の空いた面を叩いても良い音がします。
柔らかな素朴な木の音。
個人的に好きな音です。

この2台。
箱部分は共通ですが、打面やちょっとした部分の違いで、全然音のキャラが変わります。
皮ではなく木を(基本的には)手で叩くパーカッション。
面白いです。

是非一家に一台(と言わず数台)いかがでしょうか?

DC102-ZB & SC201B


----------


それから、楽器店とのコラボ商品としてカホンも製作しています。

LTC-22-1

LTC-22-2

愛知県豊橋市の総合楽器店「シライミュージック」さまからご購入頂けます。
詳しくはこちらから。

Shirai Cajon(シライ カホン)LTC-22

手軽なサイズのカホンです。
そして、アイディアで色々楽しめると思います。
カホン奏者やドラマー、パーカッショニストは勿論、お子様やこれからカホンを始めてみたい方等々、色々な方々にオススメです。
こちらも是非!


=============== 8< --------------------


本日のフック。

フック

----------


 

スポンサーサイト

  • 2017.10.15 Sunday
  • -
  • 17:24
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
sponsored links
Facebook
PARKA Handmade Percussion

YOUTUBE映像








メディア・取材
●ishikenのparka
にっぽんの匠「ishikenのparka」と題して、パーカッション・マガジンVolume02へ記事が掲載されました

パーカッション・マガジンVolume02

●パンデイロレッスン取材
パンデイロレッスンの取材を受けました。

BONITA message
寄付・支援
NGOアフリカ友の会
PARKA 製品売上げの一部を「NGOアフリカ友の会」へ寄付しています

ハタチ基金
東北大地震で被災した子どもたちへ、個人的に支援をしています
友人リンク
Studio M&M
オーダーで素敵な家具をデザイン・製作するハンドメイド家具屋さん

猫になれば大丈夫
捨て猫兄妹ドラムとリズムが教えてくれること
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM