<< 臨時休業のおしらせ | main | パンデイロの製作(カスタムメイド:ショーロタイプ) >>

スポンサーサイト

  • 2017.10.15 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


パンデイロの製作 PDGS 10"(ダークブラウン)

こんにちは。

ちょっとご無沙汰でした。
現在、いろいろな作業を行っています。

今回は、先日製作しましたパンデイロについて書きます。

◎ PDGS 10"(ダークブラウン)

PDGS10 DBR1

カスタムメイドの10"パンデイロです。
ダークブラウンの渋めのフレームに使い込んだ山羊皮。
そこにきらりと輝くジングル(プラチネーラ)がアクセントになっています。

PDGS10 DBR2

フレームの高さは40mm。ちょっと浅めです。

ジングルは、今回は洋白を使いました。
カチッとした中にシャキも入った、明るく通る音色です。
ボトムだけに2カ所穴が空いています。

それから、皮の真ん中にちょっとだけミュートしてます。
ちょい低音上げです。

今回は、いろいろな事をやっています。
まずは山羊皮。
これ、実は自分が使っていた皮ですw
お客様のご希望の音を考えた結果、少し使い込んだ感じのモノが良いのかな?と言う事です。
勿論、お客様からのOKは頂きました。
実はかなり手を入れてある皮で、見た目は悪いですが使い込むと良い感じになっていくと思います。

次に、ジングル部分。

PDGS10 DBR3

お客様のご希望を考えた時に、色々な場面でジングルの鳴りを変えられた方が良いのかな?
という事で、2種類のスペーサーを作ってみました。

まず、スペーサー無し。

PDGS10 DBR4

これは、かなり暴れた感じの音色になります。
ただ、高速演奏を行うと良い感じにまとまります。
しっかりジングルを鳴らしたい場合に(うまく使うと)良いと思います。

そして、黒いスペーサー。

PDGS10 DBR5

これを挟むと、かなり落ち着いた音色になります。
結構タイトです。
例えば小さな音でジングル音をコントロールしたい場合等は都合が良いと思います。

白いスペーサー。

PDGS10 DBR6

通常は、これが使い易いセッティングだと思います。

一応、この3パターンを考えましたが、スペーサーをどこに差し込むかでも微妙に鳴りが変わります。
黒いスペーサーは、上下を変えても違いますので、相当細かなセッティングが可能だと思います。
勿論、個々のジングルについて違うセッティングも有りです。

ちなみに、動画も撮ってみました。



気に入っていろいろ使ってもらえると嬉しいです。

まだblogに書き切れていない楽器も有りますが、ボチボチ書いていこうと思いますw


=============== 8< --------------------


本日のフック。

フック


----------


 

スポンサーサイト

  • 2017.10.15 Sunday
  • -
  • 19:48
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
sponsored links
Facebook
PARKA Handmade Percussion

YOUTUBE映像








メディア・取材
●ishikenのparka
にっぽんの匠「ishikenのparka」と題して、パーカッション・マガジンVolume02へ記事が掲載されました

パーカッション・マガジンVolume02

●パンデイロレッスン取材
パンデイロレッスンの取材を受けました。

BONITA message
寄付・支援
NGOアフリカ友の会
PARKA 製品売上げの一部を「NGOアフリカ友の会」へ寄付しています

ハタチ基金
東北大地震で被災した子どもたちへ、個人的に支援をしています
友人リンク
Studio M&M
オーダーで素敵な家具をデザイン・製作するハンドメイド家具屋さん

猫になれば大丈夫
捨て猫兄妹ドラムとリズムが教えてくれること
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM