Coggio Nensil ライブ 「ヨリオト Vol.4」

こんにちは。

10/3に行われましたカホンとパンデイロのユニット「Coggio Nensil(コジョ・ネンシル)」のライブを見て来ました。

カホンのChang-wooさんとパンデイロのハセタクさんによるユニット。
今年4回目となるライブ。

ゲストアーティストは土佐拓也さん。ポップでちょっと切なさも感じる歌声でした。

実は、今回はほとんど写真無しですww
というのも、ジックリ演奏を見聞きしたいなと思ったんです。
ライブ見るよりも撮影に集中しがちになるため、iPhoneのカメラで数枚だけにしました。

コジョネンシル2

今回の演奏は、これまでの曲に加え新曲も披露されました。
彼らの曲には、自分は様々な音楽(リズム)の要素を感じます。
例えば、ポップな中にも和が見えたり大きな意味でのラテンの感じもあったり。
演奏もテクニカルなフレーズだったりリズムの遊びなんかも入っているので、色々な方々にも楽しめるんじゃないかと思います。

また、MCでは、Coggio Nensil というユニット名の由来なんかも聞く事が出来ました。
終盤は、お客さんにもリズムで一緒に入ってもらったりと、ステージと客席とが一体となるシーンもありました。

カホンとパンデイロでどんな事が出来るのか?
今年最後のライブでしたが、来年の動向も楽しみです。

おニ人は今回も、parkaのカホンとパンデイロでの演奏。
また、parkaオリジナルのシェイクパッドやクワッドボンゴという4面の小型カホン(ボンゴを2つくっつけたような)も登場。
色々使って頂けて嬉しかったです。

ライブ終了後、いつもよりもお二人と話しが出来ました。
普段、田舎でボチボチ楽器製作している自分としては、楽しい一夜でした。

コジョネンシル1


=============== 8< --------------------


本日のフック

フック


----------


 

絵画展で演奏します

 こんにちは。

絵画展で久々に演奏します。

白坂昌幸 絵画展 〜 空へ 〜
サブイベント
絵とパーカッションの競演
日時:11月1日(土)18:00〜18:30
場所:三鷹 ギャラリーオーク
演奏:石田健二(ishiken)


小学時代の友人で、画家の白坂くんの絵画展が、現在、三鷹のギャラリーオークで開催中(10/27〜11/2)です。
SNSで偶然の出会い。とても懐かしかったのと同時に、一緒に何か出来ると面白いなと思っていました。
昨年、仙台で行われた彼の絵画展で演奏をした事がきっかけで、今回も演奏させて頂くことになりました。

通常、ギャラリーというちょっと変わった場所での演奏は、なかなかできません。ですから、素晴らしい絵画と共に音を出せる事に、今からとてもワクワクしているところです。
何よりも、彼の描く絵がとても素晴らしいので、是非多くの方に見て頂きたいです。

入場は無料ですので、普段あまり絵画等見る機会が無い方も是非足をお運び頂けたらと思います。
写真と実物の絵では、その受ける印象は全然違います。色味も全然違いますけど、何よりも深さがあるんですね。絵は2次元だと思われていますが、実は3次元の奥行きのあるアートです。それを自分は、前回の彼の絵画展で感じました。色々な意味で深いんです。

と言う事で、どんな演奏をしようか、彼の絵を思い浮かべながら考えているところです。
普段、あまり見かけないような楽器も使ってみようと思います。雰囲気のある演奏が出来たらなと思っています。

どうぞよろしくお願い致します。


=============== 8< --------------------


本日のフック。

フック


----------


 

カホンの祭典 HAKO FES 2013 の感想

 こんにちは。

先日カホンのイベントに参加しましたので、その事について書きます。
ちょっと長いです。

HAKO FES 2013

カホン奏者の 村岡広司 さんが企画したカホンの祭典。
感想を一言でいいますと、想像以上にとても素晴らしいイベントでした。自分はカホン製作メーカーとして参加しました。そして、皆さんと一曲演奏もさせて頂きました。
詳しいレポートは、村岡さんのblog を是非ご覧下さい。ここから先は、イベントまでの出来事や当日の感想、そして改めてparkaというブランドに関して思った事等を書いて行きます。

7月中旬、一件のメールが突然届きました。そこには、村岡さんのカホンに対する熱い気持ちが綴ってありました。演奏者、製作者、ライブハウスの方々等も巻き込んで、カホンの魅力を伝えるイベントを行いたいとの事。面白そうな内容でもあり、参加させて頂くことになりました。

そして、一度お会いしたいとの事で、はるばる茨城まで来て頂くことになりました。
鹿島臨海鉄道という超ローカル線でいらしたこの日、これでもかというぐらいの横殴りの激しい暴風雨。ホームから車に乗り込むまでには、二人ともビチャビチャww
気を取り直して、イベントの趣旨〜プログラム等の説明を伺いつつも、なんだかんだとカホン話で盛り上がったり、私のカホンを叩いたり二人でセッションしたりと楽しい時間を過ごす事が出来ました。
ただ、帰りは電車が止まっていて、大変な事になりましたが…
一生忘れられない日になりました。

そんな前置きがあって、12/21イベント当日を迎えました。
カホン奏者が19名。客席をぐるりとカホンが囲んでいました。ある意味、カホンって椅子ですから、あまり違和感無いんですww 全員での音出しは、ノーマイクにも関わらずかなりの迫力。そして、一台一台が個性ある音なんですね。それがカホンの魅力でもあると思いました。

イベントのプログラムも、とても良く考えられていました。
カホン隊によるパフォーマンス、ゲストバンドとの競演、ゲストミュージシャンの演奏、カホンメーカーによる座談会、等々。ほんと盛りだくさんの内容。しかも、それぞれが良く考えられているんです。昼・夜と2部構成だったにも関わらず、ずっと楽しむ事が出来ました。

一番印象的だったのは、これだけたくさんのカホン奏者が出演する場合、意外と、代表者+その他大勢 みたいな感じになりやすいんです。誰かの陰に隠れて何となく叩く(叩いている振り?)みたいな光景って結構あるじゃないですか。そうじゃかったところが素晴らしかったです。カホン奏者みなさん一人一人が主役として、そしてイベントを各自が楽しんでいるのが伝わって来ました。

そして、4つのカホンメーカーがこの日集まりました。そこで、作り手側からの声という事で座談会のコーナーもありました。
私もステージに上がり、苦手なトークを披露ww 集まったお客様達は、皆さんほんとカホンが好きな方々ばかりのようでしたので、ちょっとマニアックな内容もありましたが楽しんでくださいました。各メーカーさんも、目指してる方向がそれぞれ全く違いますので、それだけでも様々な話が聞けて自分自身も勉強になりましたし。

実はこの日、イベント用に新しいカホンを作って行きました。
基本はDC102という打面が2面あるカホンですが、ちょっと細工を施しました。parka独自のリバーブ装置が付いています。折角のイベントなので、ちょっと変わったカホンがあると面白いと思い、急遽製作して行きました。ステージ上で実際どんな音に聞こえるかも興味がありましたし。
実際に叩かれた音を聞きましたが、想像以上に面白い音で、作った自分もちょっとビックリww カホン奏者の方々、お客様からもとても好評でした。

イベントの最後は、お客様と直接話をしたりカホンを叩いていただいたり、たくさんの方々と交流もできてとても充実した一日となりました。

昼から夜まで、とても長い時間でしたが、全く飽きる事無く、演奏者もお客様も我々カホンメーカーも、そしてライブハウスの方々も、皆さん各自が楽しめたとても素晴らしいイベントだったと思います。ある意味、みなさんが主役な、そんなイベントに自分も参加できて嬉しく思います。

企画、告知活動、イベント前の緻密な打ち合わせやリハ、当日のイベントの進行、自らも演奏等を行った村岡さんのカホンへの情熱が詰まった密度の濃い一日でした。改めて、この人凄いなと思いましたし(実際、あんた凄いよ!って言いましたww)、カホンバカの称号を与えたいです。勿論、出演者皆さんも良いキャラしていて、存在感もあって良い感じでした。

言葉では全然伝えきれませんが、私自身も、カホンという楽器の魅力を再認識する事が出来ました。
改めて、このイベントに参加できた事を嬉しく思います。村岡さん、ありがとう!


そして最後に、parkaというブランドについてちょっと思った事を書きます。
この日、カホン製作者の方々と話をしていて気が付いた事があります。他のメーカーさんは、サウンドアドバイザーが別に存在するんですね。よく考えると当たり前なのかもしれませんが、parkaは音の構想、デザイン、製作、音の調整、販売等々、全て自分が行っています。特に、音に関しては、自分はプレーヤーでもあるので、自分の声を直接楽器に反映しています。間に誰も入りませんから、ダイレクトに楽器に反映出来ます。これは大きな違いじゃないかと改めて思いました。

それから、製作者の方々は他のカホンの外見や中の構造をしっかりチェックしていました。自分は、実はあまりそういう部分には興味がありません。物作りをする立場からすると、それが普通なのかもしれませんが、実は見えない部分にとても大事な情報が詰まっているんです。そこがノウハウという部分なのですが、ホントにちょっとした事で音が劇的に変わります。ですから、中を開けて色々な部分を見てみないと実際にはわからないんですね。
それよりも、自分は音そのものに興味があります。形(例えばいわゆる一般的な箱形のカホンという楽器の形)からじゃないんです。全ては音からスタートしています。それが、結果的に楽器の形になるという事です。方向が真逆なんです。

音と言う意味では、自分は必ず色々な叩き方を試して、楽器の美味しい音を探します。要は、その楽器の特徴や利点を見つけようとします。完全にプレーヤー的な視点です。しかも、普通そんな叩き方しないだろう、っていう事も試します。そうすると、思っても見ない音が出たりするんです。ある意味、プレーヤーでも行わないかもしれないので、子供の遊びに近い感覚かもしれません。単純にというものに興味があるんだと思います。

そんな中から生まれたのが、SQ101Rという私が一番始めに作った楽器です。村岡さんもお持ちだったので嬉しかったです。こんな楽器です(村岡さんの演奏から)。

REVERB BONGO CAJON - PART1
REVERB BONGO CAJON - PART4

各メーカーで目指す方向は全く違います。
parkaは、今後も自分の特徴を生かして、演奏する事が楽しくなるような楽器を作って行けたらと思います。


=============== 8< --------------------


本日のフック。
眼が虚ろ。

フック


----------

 

カホンのイベントに出演します

 こんにちは。

今回は、イベントの告知です。

=カホンの祭典、開催!=
12/21(土)@恵比寿天窓.switch
HAKO FES 2013
〜箱祭〜
presented by CAJON LOVERS


★昼の部
OPEN12:30 START13:00
終演16:00
チケット
前売り2500/当日3000(ドリンク別)

★夜の部
OPEN18:00 START18:30
終演21:30
チケット
前売り2500/当日3000(ドリンク別)

=出演=
◎cajon
相川雄太/秋山大治/伊藤弘/織本卓/カトウトモコ/木川保奈美/木村健太郎/久保田祐行/サミー/ジェット宮田/ジョン中村/創/千代村仁/ねこらいおん/長谷正道/初見和穂/みさりん。/村岡広司

◎cajon&percussion maker
HM CAJON
http://hmcajon.web.fc2.com/
PARKA Handmade Percussion
http://www.parka-hp.com/
beating
http://beating.jp/

◎musician
佐藤"スパゲティ"俊介(ピアノ)
宍倉充(ベース)
藤田悠治(ボーカルギター)
みつを(ギター)

カホンのイベントに出演することになりました。
今回は、カホンメーカーの立場としての参加です。

先日、主催者の村岡広司さんがわざわざこちらにお越しください、打ち合わせ等を行いました。
この日は、強風&豪雨の大変な悪天候でしたが(帰りは電車が止まったり、なかなかファンキーな一日でした)、熱いカホン話に花が咲いたり、一緒にセッション等もさせていただきました。

詳細はまだ未定ですが、12/21は、昼/夜と盛りだくさんの一日カホンの日となりそうです。
詳細等は、機会がある度に、このblogでも告知して行きます。
カホンに興味がある方、面白そうだと思われた方は、今から是非12/21は予定を開けておいてください。

詳細は、主催の村岡さんのWEB SITEをご覧下さい。
http://murahiro.com/

よろしくお願い致します。


=============== 8< --------------------


本日のフック。
細いとこ好き。

フック


----------

身体ライブパフォーマンス

 こんにちは。

最近はフックに朝早くに起されるようになり、早朝から作業等を行っています。
そのせいか、夕方になると結構バテ気味…

ちょっと遅くなりましたが、先日つくば美術館で行われましたイベント「ART WAVE TSUKUBA 18th」でパフォーマンスを行って来ました。

アートウェーブつくば

普段、美術館の中で演奏する機会はなかなかありませんので、とても貴重な体験でした。
実は、この日用にオリジナルの木製楽器を製作。スプリング・リバーブを使った、空間に広がる音を意識してみました。

ダンサー2人、そしてパーカッションによる身体ライブパフォーマンス。個人的には初めての事でした。美術館、我々と周りのアート作品、そしてその場にいるお客様とで、何か新鮮な時間が作り出せたのではないでしょうか。

ちなみに、つくばは、研究機関や大学等が多く、たくさんの外国人の方々を見かけました。なかなか訪れる機会がありませんが、色々散策してみたいですね。


=============== 8< --------------------


本日のフック。
眺めが良いです。

フック


----------


最近の活動

 こんにちは。

最近、ちょっと忙しくしております。
楽器製作やレッスン以外の活動も、ボチボチ行っています。

先週は、ある映画音楽の録音を都内のスタジオで行って来ました。
今回は、ドラムがメインで、激しいリズムを叩いて来ました。
詳しくは言えませんが、どんな映画になるのか楽しみです。

それから、明日は現在つくばで行われているアートのイベントに出演します。

ART WAVE TSUKUBA 18th
場所:つくば美術館(つくば市吾妻2-8, TEL:029-856-3711)
日時:5/26(土) 11:30〜, 14:30〜(それぞれ約20分の上演)
入場無料

アートウェーブつくば

つくばエリアで活動されている作家の作品展覧会。
その中のイベントとして、身体ライブパフォーマンスという、音とからだを使ったパフォーマンスを行います。

ダンス:佐藤友枝、唐沢優江
音:石田健二

演じるスペースは、展示されている作品の中。それらのアート作品とパフォーマンス、そして来場されている方々とがその空間に共存する事で、新しい何か生まれ、新鮮な空気に包まれれば嬉しいです。
私にとっては始めての経験ですので、どんな事になるのか楽しみです。

どうぞよろしくお願い致します。


=============== 8< --------------------


本日のフック。
フックに襲われている図。
胸毛がアートしてます。

フック


----------


昨日のライブ

 こんにちは。いま横浜から帰って来ました。

昨日のRose-Unlimitedのライブ。
新しいカホンを使っての演奏。いつもそうですが、ライブは色々な事があります。良い部分もあり、反省する部分もあり。

モニターの音。自分の音だけ聞こえ難く、仕方が無いので思いっきり叩きました(笑)Roseでこんな事はほとんどやらないのですが、でも(お客さんからは)良かったとの話があり結果オーライでした。おかげで、手はパンパンになりましたが…
本当は、カホンの音もどんな鳴りかを知りたかったのですが、でも何となくですが長短わかりました。なかなか難しいです。

そして、ゲストの SUGEEさん from The ARTH の歌。素晴らしかったです。今回、Roseと競演ということでとても楽しかったです。
また、Rose Stringsのウクレレ演奏。エレクトロな浮遊感の中、雰囲気のある独特の吉田さんワールドが展開されました。皆さんの演奏も進化していました。

結構盛りだくさんな内容だったと思います。そして、私は久々の演奏だったのですが、今回はやり切った感がありました。

ちなみに、演奏を行いました 試聴室その2という場所は、ちょっと変わったカフェ&ライブスペースです。音楽と本に囲まれた面白い空間。横浜にお越しの際は、ちょっと足を運んでみるのも良いかもしれません。

と言う事で、見に来て頂いた方々どうもありがとうございました。
私はまたいつもの生活に戻ります。


-------------------- 8< --------------------


本日のフック。
一日ぶりに会ったね。良い子にしてたかな?

フック






いくつかご連絡

 こんにちは。

いくつかご連絡です。

----------

まず、オーダーに関する事です。

最近、お客様からのオーダーメールが届かない事があります。
お客様には大変ご迷惑をおかけしており申し訳ございません。
メールは毎日数回チェックしておりますので、必ず目を通しております。
お手数ですが、1日以上経ちましてもこちらからメールが送られてこない場合は、再度お送り頂けますでしょうか。

それから、こちらからお客様へのオーダー返信メールも届いていない場合があります。
オーダー時には、必ず「お客様へオーダーの確認メール」を送信しています。
商品やご連絡先等の確認をしていただき、間違いが無い事を返信して頂きます。
こちらで返信メールを受け取った時点で、オーダーの確定となります。
ご連絡が無い場合は、数日後電話にてご確認させて頂いております。

少々面倒なシステムですが、何故か時々メールのトラブルがあり、このような方法となっています。

ご不便をおかけする場合がございます事、どうぞご了承ください。
よろしくお願い致します。

----------

次は、当日になってしまいましたがライブのご案内です。
本日、私が参加しますユニットRose-Unlimited等のライブがあります。

『THE SMALL CIRCLE OF ROSE 2011』

2011年11月13日(日)
場所:
横浜黄金町 試聴室その2
開場:18:00 / 開演:18:30
出演:ROSE-UNLIMITED
GUEST:SUGEE from The ARTH, ROSE STRINGS

フォーキーで和やかなRoseの吉田ワールドを是非ご堪能ください。
ちなみに、私は先日製作しましたちょっと変わったカホンを叩きます(パンデイロは叩きません)。
なお、ゲストとしまして、The ARTHのSUGEEさん、そして吉田さん主催のウクレレ教室の皆さんの演奏もあります。

どうぞよろしくお願い致します。


-------------------- 8< --------------------


本日のフック。
暴れた後にちょっと休憩。

フック






パンデイロイベントへ参加して

 こんにちは。毎日暑いですね。
先程帰って来ました。連休という事もあり、東京は人がウジャウジャしてました。そして、やっぱり静かな我が家が一番です。

で、パンデイロイベントの報告です。とても盛況で立ち見が出る程でした。そして、色々な意味で楽しめました。

主催のこいいだくんのパンデイロ演奏を生で見るのは始めてでしたが、指先や手の付け根のロールを絡めたとてもテクニカルで勢いのある演奏でした。
そしてもう一人、金子大介くんのパンデイロはこいいだくんとは正反対の、土台を作るしっかりしたリズムで違う意味でカッコ良かったです。彼が叩く事で、上物の弦が締まりました。彼も良いパンデイロの叩き手ですね。

他にパフォーマンスとして5組の方々(自分を含む)がおりましたが、どなたも素敵でした。何気に、この日一番良いなぁと思った演奏は、実は戸田くんのパンデイロ演奏だったりします。演奏技術はまだまだなんですが、なんでしょう演奏に対するひた向きさと言いますか必死に演奏しようとする気みたいなものが良く伝わって来たんですね。自分も含めて、ちょっと演奏に慣れて来ると、気が緩むと言いますかこんなもんかな?って手を緩めがちになるんですが、そういう事を戒めてくれましたね。他の方々はどう思ったかはわかりませんが、自分はそう思いました。

で、自分の演奏はと言いますと、演奏前まで実はあまり考えずにいました。これだけはと思っていた事としまして、「難しい事をしない」と「基本を外れない」事です。演奏自体、課題がたくさんでしたが、次回も呼んで頂けるようであれば、全然違った感じでトライしようと思います。
そして、その後にプチパンデイロWSもさせていただきました。世の中にはいろいろなパンデイロの先生がいると思いますが、こんな事やる人は多分誰もいないだろう?っていう内容をあえて行ってみました。それは、私の演奏の基本となっています、言うなれば「省エネ奏法」です。
時間があまりありませんでしたので、コアの部分だけをお伝えしました。「脱力」と「スピード」を中心に色々話を交えて行いました。

何故、このような奏法をお伝えしたかといいますと、体格が良くてチカラがある男性とかは、ある意味、今は関係なくても良いのです。対象は「女性やチカラの無い人、そして年配の方々等」です。

チカラがある人は、ある意味力ずくで叩けますので、パンデイロの演奏が大変ってあまり思わないかもしれません。が、持つだけで大変な楽器でもありますから、いかに「楽してしっかりとした音で凄い事が出来るか」を常に考えている自分のアプローチは、女性を中心に必要な技術ではないかと思ったからです。現にこの日もたくさんの女性のお客さんがおりましたから。

男性でも、20代や30代は良いんですよ。でも、40代以降、急に体力が落ちますから、そんな状況でも楽に凄い事が出来るって大事な事なんです。スポーツ選手と一緒で、カラダを壊してしまう方も多いと思います。そういう事にならないように、この省エネ奏法は是非トライしてもらえたらと思っています。

終了後に、(女性を中心に)何人かの方々に声をかけて頂きました。目論見通りで、このWSやって良かったと思います。自分もまだまだ発展途上ですので、いかにカラダを操るかという事をよく考えた生活をする事から始まります。

頑張って行きましょう。

パンデイロイベント参加

 こんにちは。大分ご無沙汰致しております。
ここのところ、大変多忙につきなかなかblogの更新が出来ずにいました。
今月は色々とありまして、何気に半月も自宅にいない状態です。今日も先程帰って来ました。

そんな中、とても近いアナウンスになってしまいましたが、明日7/18(日)に高円寺meu notaさんで行われますパンデイロイベントにishikenも少々参加することになりました。

こいいだくんが主催しますイベントで、休日という事もありたくさんのパンデイロ大好きさん達が集まりそうです。内容の濃いイベントとなりそうで、楽しみです。

多少なりとも日本でのパンデイロ普及および技術向上等に役立ってもらえたら嬉しいです。こいいだくん達若い人達が頑張っていますので、是非この機会に色々なパンデイロのアプローチを生で体験してもらえたらと思います。

では、明日お会い出来たら嬉しいです。



calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
sponsored links
Facebook
PARKA Handmade Percussion

YOUTUBE映像








メディア・取材
●ishikenのparka
にっぽんの匠「ishikenのparka」と題して、パーカッション・マガジンVolume02へ記事が掲載されました

パーカッション・マガジンVolume02

●パンデイロレッスン取材
パンデイロレッスンの取材を受けました。

BONITA message
寄付・支援
NGOアフリカ友の会
PARKA 製品売上げの一部を「NGOアフリカ友の会」へ寄付しています

ハタチ基金
東北大地震で被災した子どもたちへ、個人的に支援をしています
友人リンク
Studio M&M
オーダーで素敵な家具をデザイン・製作するハンドメイド家具屋さん

猫になれば大丈夫
捨て猫兄妹ドラムとリズムが教えてくれること
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM